清原和博の現在は?2019年最新情報!長男は野球をやめた?




Pocket

今回は清原和博さんについてまとめてみました!

清原さんと言えば球界を代表するスター選手でしたが、

2016年に覚せい剤使用の疑いで逮捕され、その後表舞台から遠ざかっています。

現在の状況はどうなっているのでしょうか?

噂では足を切断する必要があるとのことでしたが…

気になる部分をまとめましたので是非ご覧ください!

衝撃の逮捕から早三年…

清原さんの逮捕は衝撃的でした。

これまでも何度か元選手が薬物疑惑などで逮捕されることはありましたが、

球界のスターが逮捕されたという事で球界はおろか、メディアも騒然としていました。

人によっては『やっぱりな…』と思う人もいたかもしれませんが、個人的にはびっくりしたのを覚えています。

この逮捕により、球界と暴力団関係者の黒いつながりが確認され、一時的な野球界のイメージダウンとなってしまいました。

清原さんが逮捕されたことにより、ネット上では様々な意見が飛び交い、

中でも『次逮捕されるのは●庄なのでは』と噂されたこともあります。

勿論、実際に逮捕される事態にはなりませんでしたが、

現役時代に清原さんと関わりがあった選手に疑惑の目が向けられても仕方ないのかもしれませんね。。

“リーマンのカガミさん”
あの時世間には衝撃が走りましたね…

現役時代から薬物使用していた?

逮捕された後の声明で、『違法薬物は引退後に使用した』とご自身から説明されています。

ではどうして薬物に手を出すことになってしまったのか?

一説には前妻の亜希さんと離婚されたことが原因とされています。

元々現役時代から女遊びが過ぎていたようで、亜紀さんの方から離婚を申し立てたのだとか。

最初は清原さんも拒否していましたが、渋々離婚届にサインをして役所に提出されたそうです。

離婚し子供と会えないさみしさで薬物に手を出してしまった説が濃厚とされますが、

ある業界に精通している人からは『現役時代からバリバリ使っとった』との情報も。

そのある人というのが、巨人の元同僚の野村貴仁さんでした。

この証言がキッカケで野村さんの自宅には連日報道陣が詰め寄り、情報を聞き出そうと必死に。

野村さんの変貌ぶりも話題となり、いつしか話題は『現役時代から使ったか、そうでなかったか』

ではなく、『野村貴仁を転落させた覚せい剤の恐ろしさ』にシフトしていきました。

この辺りの事は現在でも両者の間で意見が食い違っていますが、元同僚の意見という事で信憑性は高いですよね。。

“リーマンのカガミさん”
野村さんのインパクトが強すぎて論点がずれてしまいましたね(笑)

2019年、清原の現在はどうなってる?

あれから早三年、清原さんは今どうされているのでしょうか?

逮捕されてからというもの、殆ど表舞台から姿を消してしまったので、現在が気になりますよね。

清原さんの現在は『啓発系イベントで講師として活動している』とのことでした。

自身の薬物の経験を活かし、誤解だらけの認知を正そうという狙いの様です。

実際、薬物に手を出してから様々な合併症にかかり、重度の糖尿病やうつ病も患ってしまったのだとか…。

その影響から足を切断しなければいけないという噂も一時流れましたが、こちらはデマの様で安心しました。

告白本も出版し、印税などで一応は潤っているようですが、また遊びが激しさを増さない様に気を付けてほしいですね。

“リーマンのカガミさん”
やっぱり一度有名になった人は何をしてもお金に困る事は無いんでしょうね

息子(長男)は野球をやめていた

清原さんには息子さんがいらっしゃいます。

そのうちの長男の方は現在、野球をやめているようです。

逮捕事件などで色々あったのでしょうか、学校も系列を変えて転向しており、現在はバレーをやっていると噂も。

定かではありませんが、元妻の亜希さんの意向で野球をやめさせたという噂もあります。

個人的には親の意向で子供のやる事を制限するのは許せないのですが、

事件が事件ですし、思春期の子供にとってそういう話題は精神的にきついものがあるでしょうし、仕方ないのかもしれませんね。

普通にイケメンとのことなので、スポーツをすればモテることでしょう。

現在は高校生になっている年なので、もしかしたらバレーで今後清原の名前を見ることになるかも…?

“リーマンのカガミさん”
才能があったのにもったいない…

次男は野球を継続!将来の夢は『父親越え』

次男のほうも、一旦逮捕されてからというもの野球をやめていたようですが、現在では野球に復帰されているようです。

因みに野球のセンスは父親譲りで、2017年当時は中学生ながら『巨人ジュニアチームの最終メンバー』に決定し、

将来の活躍を期待されている立派な野球少年に育っているとのこと。

因みに2017年当時の情報なので現在はどうなっているのか分かりませんが、そろそろ年齢的にも高校生。

もしかしたら清原Jrをまたみる日は近いのではないかと期待しますが、早とちりは良くないので今後の活躍を見守りましょう。

“リーマンのカガミさん”
弟さんの方は来年から高校球児でしょうか?頑張ってほしいですね!

清原和博のプロフィール

清原さんのプロフィールを確認してみましょう。

名前:清原和博(きよはら かずひろ)
生年月日:1967年8月18日(51歳)
出身:大阪
身長:188cm
体重:104kg
引退試合:2008年10月1日(引退試合)

清原さんは大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手で、現在は野球評論家、啓発系イベントの講師などを行っています。

幼少期時代から野球が好きな家庭で育ち、父親以外は全員巨人ファンだったこともあり、自身も巨人ファンだったとのこと。

小学生で初めて野球を始め、中学生になってから所属したシニアチームでは6年生に交じり4年でレギュラーを獲得。

その後、PL学園に入り桑田真澄と『KKコンビ』を組み、二度の甲子園優勝を成し遂げます。

この当時打ち立てられた『甲子園通算13本塁打』は現在になっても破られること無く、伝説の記録として残っているようです。

ドラフト会議の時に、いわゆる『KKドラフト事件』を体験し、以降は桑田投手と犬猿の仲になっていましたが後に和解。

現役引退後の薬物事件まで、お互いを良きライバルとして認めあっていたようです。

後に現役生活通算『9428打席・525本塁打・累得点1280点』という、とんでもない成績を残されています。

改めてこのような素晴らしい選手が薬物によって人生の歯車が狂い、

現在の悲惨な状況を見ると、薬物にはぜったに手を出してはいけないという気持ちにさせてくれます。

少しでも早く、また元気な姿を見せられる様に治療に専念してほしいと思う次第です。

“リーマンのカガミさん”
また楽しい解説聞かせてくださいね、待ってます

現役時代が凄すぎる!

現役生活通算『9428打席・525本塁打・累得点1280点』という、とんでもない成績を残した清原さんですが

西武時代、巨人時代、オリックス時代とで、それぞれ活躍の種類が違います。

西武時代はパワーもさることながら、テクニカルな打撃技術でどこからでも長打を狙える選手で、

一年目からチームの戦力となり、チームの優勝に貢献。

個人的に清原さんの選手生活の中で一番好きだった時代です。

巨人時時代は身体をビルドアップし、テクニカルな打法とは打って変わってパワーで持っていくスタイルに変化しました。

しかしその中でも随所に光る確かな技術と相まって、現役生活の中で一番打点を挙げた2001年シーズンは凄いものがありました。

丁度この頃は松井秀喜選手など、巨人の選手層も厚かったことから、中々4番で打つことは出来ませんでしたが、

それでも活躍は目覚ましいものがありました。

選手生活の後半となるオリックス時代では、チームの精神的な柱となる選手として存在感を示しました。

若手と一緒にプレーすることが最終的には多かったのですが、その若手に精神的なゆとりを持たせ、

チームを後ろから支えるスタイルに変化していたと感じました。

何にせよ、現役時代の活躍が凄すぎるため、語ると止まりませんね(笑)

“リーマンのカガミさん”
怖かったですけど、それ以上に魅力的な人でしたからね

球界のスター選手だった

先述しましたが、正真正銘、野球界のスター選手と言っても過言ではありませんね。

華々しい活躍をしたかと思えば、私生活では女遊びが過ぎていたり、朝まで豪遊したりと、

昭和から平成にかけて活躍した名選手の中に名前が挙がりそうです。

その割に練習や野球に対しての姿勢は誰よりも真面目で負けん気が強く、人より多く練習したりなど真摯な印象を受けます。

本当に心の底から野球が好きだったんだと改めて感じさせられますが、

薬物一つでここまで人は変わるのかと思うと残念でなりません。

野球界的には悪いイメージが付くので清原さんは現在、腫物扱いとなっています。

復帰させようとしている声もありますが、現状すぐには厳しいといったところでしょうか。

入れ墨を除去し、薬物依存から抜け出せたときに、また違った形で日本野球に関わってくれることを期待しています!

“リーマンのカガミさん”
野球界復帰は絶望的と言われてますが、待ち続けたいと思います。

元同僚の野村投手から強烈なバッシング

忘れてはいけないのがこの人、元同僚の野村貴仁さん。

薬物逮捕された際、メディアへの露出が増え、一躍時の人となりました。

野村さんは清原さんが逮捕された当時から『あいつは現役時代から使ってた。俺が渡した』と証言されていますね。

当時清原さんは巨人への移籍二年目でプレッシャーに苦しんでいたと言います。

不安をやわらげてあげようと野村さんから清原さんに近づいていき、ある程度の信頼関係を築けたという事みたいです。

結局この事がキッカケになり、野村さんの話では『現役時代にグリーニーを渡した』という話に。

しかし当の本人からは逮捕後の証言が食い違い、裏切られた結果となりました。

野村さんは後に暴露本を出版し、メディアの話題をかっさらっています。

本に書いてある内容が本当だとすれば、まだ何か隠したい事が清原さんにあるのかもしれません。

何にせよ、もう二人の様な薬物被害者を生まない様に、業界全体で取り締まりを強化してほしいところです。

“リーマンのカガミさん”
野村さん最近勢いありますからね、こちらも期待です(笑)

現在も治療中

清原さんは現在も薬物治療をしているようです。

覚せい剤を使用した経験から、糖尿病やうつ病などの病気も患っているとのこと。

糖尿病は現役引退後の暴飲暴食によるものだと思いますが、うつ病は気分の抑制が出来なくなったことからの後遺症でしょうか?

特にうつ病の表情は重いらしく、治療中に『何度も命を絶とうという気持ちと戦っていた』と後のイベントで証言した程。

現在も精神向上薬や、糖尿病治療のためのインシュリン注射を続けているという事です。

たまにの気分転換にもメディアのことを気にしないといけない為、中々休まらないでしょうね…。

完全復帰はまだまだ先になりそうですが、個人的には戻ってきてほしいので早期の回復が出来る様に応援したいですね!

“リーマンのカガミさん”
重度の鬱なら完治も大変そうですが…必ず復活すると信じてます!

まとめ

今回は清原和博さんについてまとめてみましたが如何でしたか?

改めて薬物は恐ろしいものだと実感しました。

スター選手の人生をたった一回の使用だけで買えてしまう辺り、恐ろしさを感じます。

現在も治療中とのことですが、再使用の苦しみを乗り越えて業界に戻ってきてほしいと思います。

“まとめ王子”
それではまた次回の記事でお会いしましょう!