本田仁美の実家が広すぎた!?どんな性格?韓国で人気な理由?




Pocket

日本のAKB48と韓国の人気番組「PRODUCE101」のコラボで生まれた日韓合同番組企画である、

「PRODUCE48」の企画から視聴者の投票で生まれたアイドルグループ「IZ*ONE」。

AKB48の人気メンバーが参加していることもあって韓国だけでなく日本でもデビューをする前から注目になっていましまよね。
 
その「IZ*ONE」のAKB出身者の一人であるのが「本田仁美さん」です。

“まとめ大佐”
彼女は性格が悪いだとか家がお金持ちだとか様々な噂がありますが、そんな本田仁美さんの情報について今回はご紹介したいと思います。

本田仁美の実家はどこ?

 
 
本田仁美さんの出身は日本の栃木県となっており、実家は「栃木県塩屋郡高根沢町」であるということが分かっています。
 
詳しい場所までは定かになっていませんが都会ではなく、ど田舎だということですね!!
 
“なんちゃって少佐”
「山間部に属する町」だということが分かっているので、自然があふれた場所になっているのでしょう。

本田仁美の実家が広すぎた!?

 
IZ*ONEは「本田仁美さんの家に遊びに行ってみたい」という一言から、
 
本当に栃木県にある本田仁美さんの実家の元へメンバーと訪問をしたことがあるようです。
 
“まとめ大佐”
実家は栃木県塩屋郡高根沢町の山間部にあるということで、その情報だけでも広そうな家のイメージがわきますよね。

 
実際メンバーと本田仁美さんが実家を訪問したときのエピソードが放送されていますが、
 
登場した居間などは広いことが確認できました。
 
そもそも番組の企画自体は「日本人メンバー3人のうちの誰かの実家を訪問したい」という内容から、
 
このように本田仁美さんのところへ訪問することが決まったのでしょう。
 
 
数人を招くくらいであれば問題ありませんが、
 
12人のメンバーに加えて、撮影隊も部屋に入るとなるともちろん大きな広いお家でないと不可能ですよね。
 
そのあたりも踏まえたからこそ本田仁美さんの自宅になったのでしょう。
 
ということはやはり、「お金持ちで豪邸」なのはガセではなさそうですね。
 
ちなみにこの回の放送でおもしろかったのは「メンバーの中で一人を選ぶなら?」という質問に対してお父さんは、
 
「アン・ユジン」さん、そしてお兄さんは「矢吹奈子」さんと好みが正反対なのが印象的です。

本田仁美はどんな性格?

テレビなどの放送の影響からか「本田仁美さんは性格が悪いんじゃないだろうか?」ということが噂されるようになりました。
 
中学生からAKBとして活動してきたときからテレビなどでも「毒舌キャラ」して出るようになったようですが、
 
可愛い雰囲気とは裏腹にそのキャラクターは本当なのでしょうか?
 
実は性格については、年上のお兄さんがいることやイジられキャラでもあることから、
 
「ブチギレ」エピソードがあったりもするのである意味「毒舌キャラ」なのはガセではないでしょう。
 
これはよくお兄さんさんに邪険に扱われてキレてしまうそうなので、定着をしてしまうのは仕方ないかもしれませんね(-_-;)
 
これによりメディアではキツイ性格だとか性格が悪いとか言われますが、
 
「握手会での評判は抜群」だそうなのです。個人的に、見た目通りで「おっとりした性格」のように思いますが。。。
 
“なんちゃって少佐”
きっと見た目も性格も可愛いこと間違いなしです!末っ子でもあるので仕方ないかもしれませんね(笑)

韓国で人気な理由とは?

本田仁美さんは韓国でスタートしたオーディション番組である、
 
「PRODUCE48」(6月15日〜8月31日)に参加し小学校で6年間つづけていたチアダンスやパフォーマンスを披露しました。
 
そして、オーディションの最終順位は9位となり新グループの選抜メンバーに入ることができました。
 
最初は、歌唱力が課題であるということが指摘されていたようですが、
 
その後のトレーニングによって見事改善し、高評価を得ることができたようです。
 
そして、本田仁美さんの韓国での人気の理由を探ってみると、「得意としているダンス」が特に評価されているようです。
 
キレキレダンスを披露されていますもんね♪
 
またもう一点人気の理由があります。
 
それはPRODUCE48の放送が始まってすぐに、WANNA・ONEの「キム・ジェファン」に似ているということで注目を浴びるようになったことです。
 
これがある意味ラッキーで様々なスキルやビジュアルを持つ人がいるなかで「キム・ジェファン似」ということが1つのアピールポイントとなったのです。
 
確かにたくさんの人がいてると、いくらダンスや歌が上手でも注目されにくいですもんね。。。
 
そして、そのキム・ジェファン似ということで注目され、キレキレダンスを披露したことによって韓国では注目され人気になったようです。
 
それにより、本田仁美さんは韓国で「キム・ジェファンさんの双子の妹」として可愛がってもらっているんだとか。
 
“まとめ大佐”
韓国の人気アイドルグループに似ていたという偶然を考えると、本田仁美さんがPRODUCE48のオーディションを受けたのは運命なのかもしれません!

本田仁美プロフィール

 
名前:本田仁美(ほんだひとみ)
 
ニックネーム:ひぃちゃん
 
生年月日:2001年10月6日生まれ
 
出身地:栃木県出身
 
血液型:A型
 
身長:158.1cm
 
体重:44kg
本田仁美さんのAKB48(チーム8)としての経歴は今年で約4年半になり、総選挙では念願のランクイン(順位82位)となりました。
 
海外の舞台でも活躍することになり、さらに知名度が急上昇すること間違いなしですね。
 
 
ブログの更新は少ないようですが、ツイッターやインスタグラムの更新が多く、
 
インスタライブも配信されていることもあってか、インスタフォロワー数がチーム8でダントツの1位を獲得されたそうです(^o^)
 
またニックネームは可愛らしい、「ひぃちゃん」と呼ばれているようですがプライベートのあだ名は「お主」だそうです。
 
由来については明らかになっていませんが、古風はことからそのようになったのでしょうか?
 
 
そのようなあだ名があるなかで、ネットでのあだ名「大福」というのは、
 
本田仁美さんが「ほんとに嫌」ということをコメントされていたので、言わないようにしましょう。。。汗
 
また栃木県は餃子の消費量がトップクラスだからか分かりませんが、栃木県出身の本田仁美さんは好きな食べ物が「焼き餃子」だそうです。
 
“なんちゃって少佐”
他にも焼き鳥やお寿司も好きだそうで、ちょっと渋いイメージですね!

どんな経歴?

2014年に行われた「AKB48 Team8 全国一斉オーディション」に参加し、栃木県代表として合格することができました。
 
2017年には、とちぎローカル番組のコーナーで栃木県内の情報を紹介するメインレポーターを担当するなど、
 
徐々に活動の幅を広げていくようになります。
 

・2014年、『AKB48 Team 8 全国一斉オーディション』に栃木県代表として合格

・2014年12月、栃木県知事が委嘱する「とちぎ未来大使」に就任

・2017年、ローカルワイド番組『イブニング6Plus』栃木県内の情報を紹介するメインレポーターを担当

・2018年5月、『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では82位となり、初めてランクインした

・2018年8月、グローバルガールズグループ「IZ*ONE」のメンバー12人のうちの1人に選ばれIZ*ONEとして活動

・2018年10月、IZ*ONEメンバーとしてミニアルバム『COLOR*IZ』でデビューし、専任活動を開始した

IZ*ONE(アイズ・ワン)の活動が始まってからは、国内の活動をセーブしているようですね。

家族構成は?兄弟はいるの!?

本田仁美さんの毒舌キャラが完成したのはお兄さんが邪険に扱うからだということが明らかになむていますが、
 
本田仁美さんには兄弟姉妹がいらっしゃるようです。
 
お兄さんが1人、そしてお姉さんが1人いらっしゃるようで2人姉妹、3人で言うと「末っ子」になるようです。
 
 
テレビ番組で家族で出演もされていますが、お姉さんお兄さんはお父さん似で、本田仁美さんはお母さん似という意見が多かったようです。
 
家族全員が仲良しな雰囲気がありました(^o^)
 
またこんな兄弟面白エピソードもあります。
 
夏頃、本田仁美さんのお姉さんであるエリさん(当時20歳)を「トトロみたいだから彼氏できないだよ」とからかっていたら、
 
お兄さんに「うちはアニメ一家だな!」と言われたそうです。
 
お兄さんは「一家じゃなく姉妹か、だってお前アンパンマンみたいな顔してんじゃん」と言い放って本田仁美さんがブチギレをしたそうです(笑)
 
“まとめ大佐”
トトロに似ていることを顔からなのか体型からかは分かりませんが、本音トークで面白いですね。

まとめ

日本のAKB48と韓国の人気番組「PRODUCE101」のコラボで生まれた日韓合同番組企画である、

「PRODUCE48」の企画から視聴者の投票で生まれたアイドルグループ「IZ*ONE」。

今後の本田仁美さんの活動に注目していきましょう!!