窪塚洋介の嫁「ピンキー」はどんな人?イケメン息子がデビュー?




Pocket

今回は俳優の窪塚洋介さんについてまとめてみました。

主に30代の男性から絶大な人気を誇る俳優さんですが、去に自宅マンションから転落事故を起こしたり、

過激な発言から度々話題に挙がるなど、話題性には事欠きません。

転落事故の真相や薬物使用の噂など、気になるところをまとめてみましたのでご覧ください!

窪塚洋介の嫁「ピンキー」ってどんな人?

一度目の離婚後に現在の奥さんと再婚した窪塚洋介さん。

この女性、窪塚さんが卍ラインとして活動している際のバックダンサーだそうです!

因みに本名は菅原優香さんというみたいで、念のためにプロフィールを掲載しておきます。

本名:菅原優香
生年月日:1983年6月12日
出身地:岩手県
身長:163cm
血液型:AB型
職業:ダンサー

前妻の”のんちゃん”さんと離婚してから僅か一か月後に交際をスタート

現在では窪塚さんとの間にお子さんも授かり、また窪塚さんの前妻ののんちゃんと三人家族で旅行に行ったりなど

不思議な関係図が成立しているようです。

また、SNSなどにアップされている画像を拝見するに、料理の腕は相当なもの!

”レゲエダンサー”という事で、なんとなく料理が出来ないイメージがありますが

実際は”レベルが高すぎる料理を作るダンサー”としても話題になりつつあるようです(笑)

“OLのヒロコさん”
たまにしか料理しないと、フライパンの振り方も忘れちゃうよね…

現在の嫁のpinkyさんとの馴れ初めは?

さて、そんなpinkyさんと窪塚さんの馴れ初めですが、出会いは”DJとダンサー”の関係からだそうです。

どういう事かというと、窪塚さんは2006年から卍ラインというレゲエミュージシャンとしても活躍しているのですが、

そこでバックダンサーとして起用されていたのが現在の奥さん、つまりpinkyさんだった訳です。

元々窪塚さんの方からpinkyさんを意識し始めたらしく、結婚を決めた理由としては

「こう見えてグラマーなんですよ。ここ(胸)とか、ここ(お尻)とか。

でも、見た目より本当に古風で、気立てはいいし、俺にやさしいし、たまーに年に1回か2回くらい、俺が酔いすぎちゃって、畳の上にしょんべんするときもあります。

それをね、『あ、よく出たね』って言ってくれる(笑)。やさしいです。なので一生の伴侶と決めました!」

という事みたいです。

因みにこのイベントは窪塚洋介としての俳優デビュー20周年の日に行われたイベントらしく、そのマイクパフォーマンスの際に証言されていたらしいです。

個人的には「さすが窪塚洋介だなぁ」と思わざるを得ないのですが(笑)

こういう繊細な彼のハートを射止めたという事は、pinkyさん自身も繊細な気持ちの持ち主という事でしょうか。

何にしてもお子さんと窪塚さんとの三人で、これからも沢山の思い出を作っていけるといいですね!

“リーマンのカガミさん”
改めて凄い美人ですよね!窪塚さんがうらやましい…

転落が原因で離婚か?事故で頭蓋骨の大怪我!

さて、窪塚さんが自宅マンションから転落し頭蓋骨を開放性骨折するという、

まさに生きているだけで奇跡レベルの事故を起こした事は記憶に強く残っています。

因みに転落したベランダから激突したフェンスまで約9mも離れていたことや、”飛び降りた時の記憶がない”と発言していることから

”自殺だったのでは?””薬物をキメてハイになっていたのでは?”と噂されることになりますが窪塚さん本人は否定されています。

過去に大麻を容認するような発言があったこと等から、「もしかすると…」という部分だけが取り上げられ、

それが窪塚さんの薬物疑惑に繋がっていったのかもしれませんね。

実際に現在まで色々週刊誌で薬物疑惑を取り上げられていますが、一度も捕まったり事情聴取を受けた事はないみたいです(笑)

因みにこの時の転落事故が原因で前妻ののんちゃんと離婚されたという噂がありますが、

窪塚さん自身が卍ラインのサイト内にて完全否定されています。

「約9年の結婚生活でしたが、嫁と話し合った結果、子供のことを第一に考えるという鉄の掟の下、下した判断です。3人のためのベストの道というわけです。

こう言う言い方はなんだか可笑しいですが、円満離婚です」

俺にとっても「こいつと一生添い遂げよう。

一生面倒をみよう」と1度は思った相手だし、言い方難しいんですが、そのとき決めた覚悟は本物で、別れてからも覚悟まではひっくり返らないですよ。

だから今だに彼女の生活費は俺が出してますし。それは裁判でどうのとかの類の流れではないんですよね。

という事らしいです。因みに子育てに関しては以下のようにも語られています。

子どもファーストで考えたとき、パパのところにいるとママに気を遣うとか、

もちろんその逆とか、子どもにとって健全じゃないことはなるべく排除したいと思ったんです。

もちろん、ママと新しいお母さん、どちらかといたらもう一方に気を使うという気持ちにはしたくなくて、我慢したり努力して少しずつ今の形を作っていきました。

今はみんなで海外旅行に行ったりとか、俺がいないときでも家族みんなで会ってたりとかするようになりました。

こうなるまでには、もちろん大変なこともあったんだけど、大きな愛の下に1歩1歩そういう風になっていったという感じです。

という事も話されていました。確かに前妻・現妻関係なく、子供含め家族ぐるみの付き合いが続いているのは間違いないようです。

こういう不思議な関係が成り立つのも、器が広い窪塚さんだけでなく、周りが協力してからこそ成り立っているのでしょうね!

“OLのヒロコさん”
色々葛藤はあったと思うけど、これがベストならそれでいいんじゃない?

イケメン息子がデビュー?

2018年の9月に、窪塚さんの息子である窪塚愛流(あいる)君が芸能界デビューしたことで一部をにぎわせました。

「泣き虫しょったんの奇跡」という映画で、主演の松田龍平さんの中学生時代を演じたとのこと。

個人的には七光りなのかなと思ってしまったのですが、なんとオーディションを勝ち抜いて抜擢されたとのこと。。

舞台あいさつでは

「窪塚愛流です。きょうは映画を見に来てくださってありがとうございます」

「生まれて初めて映画の撮影をしたので、うまく演技ができるかっていうのが不安だった。自分なりに精いっぱいやりました」

 実際の撮影については「泣くシーンとかが難しかったです」と振り返りながらも「(作品を見て)『自分ってスゴいんだな』と思いました」

と堂々と話されていました。また愛流くんは現在14歳ですが、父親譲りのイケメンとして既に人気になっています(笑)

こちらは親子のツーショットのようですが、既に窪塚洋介さんと似ているため、今から将来が楽しみでもありますね!

因みに現在は14歳でまだ中学生の為、本格的な芸能活動を始めるのであれば、芸能コースがある堀越高校などに進学するのでしょうか?

何にしてもこれから目が離せなくなりそうです。

“OLのヒロコさん”
きゃー!かわいい~♡

息子の親は「のんちゃん」?

愛流君は窪塚さんとpinkyさんのお子さんではありません。

実は前妻のんちゃんさんとの間に生まれたお子さんで、現在はのんちゃんさんと生活を共にしているとのこと。

彼女の生活費は窪塚さんが払っているらしいですが、恐らくは子供が成人するまでは窪塚さんが教育費も生活費も払っていくと思われます。

愛流君の運動会にはお父さんとして駆けつけ、のんちゃんさんと一緒に見学していたという声もちらほらありました。

因みに子育てをするうえで窪塚さんが気を付けていることは?という質問には面白い回答も。

■前の奥さんとの関係を築く中で、息子さんに対して気を付けていることはありますか?

「ママは女だからアレでここまで生きてこれたけど、お前は男だからな,,,」て感じで、子供に説教することはたまにありますが、絶対に心底から悪く言わないようにしています。

愛流は絶対的にママの味方だから、そんなこと聞きたくないよね。

なんでたまには愛流に対しては「ママのこういうところがすごいからな」とか「すごいな、お前の母ちゃん!」と言うようにしてます。

あいつの半分だから、それを完全に否定するようなことを言っちゃうのはよくないなと思うんです。

離婚してものんちゃんさんをリスペクトしているという事が伺えますね。

また愛流君に対してもよく考えて発言している事が分かり、改めて器の大きさというか、聡明な方なんだなと思う事が出来ます。

“リーマンのカガミさん”
僕は結婚したことありませんけど、これには凄いなぁって思ってしまいます!

窪塚洋介のプロフィール

ここで今一度窪塚洋介さんのプロフィールを振り返ってみましょう!

本名:窪塚洋介
別名義:卍LINE(レゲエDeeJay(歌手名),空水(カメラマン名),ヨースケ(初期名)

生年月日:1979年5月7日(39歳)
出生地:神奈川県横須賀市
身長:177cm

職業:俳優、歌手(レゲエDeeJay)、ミュージック・ビデオ監督、カメラマン
ジャンル:映画、テレビドラマ、レゲエ(歌手面)、ヒップホップ(歌手面)

活動期間:1995年 –
配偶者:徳子(2003年 – 2012年),菅原優香(2015年 – )
著名な家族:窪塚俊介(弟),RUEED(弟)

横須賀市出身の俳優さんで、現在はカメラマンやレゲエミュージシャンとしても活躍されています。

因みにヨースケ名義で過去にストリートスナップ等もされていたようです。

俳優としては主に映画や舞台などで活躍されていますが、先日16年ぶりのテレビドラマ出演が決まったとのことで、

現在は撮影でロンドンにて行っているようです。本当にワールドワイドな活躍をされていますね!

2003年ごろまでにはドラマGTOや池袋ウエストゲートパークなどの有名ドラマにも出演されていました。

その後自宅マンションからの転落事故をきっかけにメディアに出ることは少なくなりましたが、

翌年放映の「鳶がクルリと」に美容師役で出演し、復帰されました。

この時の事故がキッカケで色々と考えるようになり、カメラマンやミュージシャンとしても活動するように。

その後も紆余曲折在りながらも現在まで第一線で活躍されています。

因みに弟には同じく俳優の窪塚俊介さんがいるのですが、兄弟そろって共演という事は今のところ見たことがありません。

弟の窪塚俊介さんは三男のRUEEDさんと映画の共演はされている様なので、三兄弟そろって映画に出演することも将来的にはあり得そうです!

“OLのヒロコさん”
三兄弟だったのは意外よねー、弟の方はちょくちょく見るけど!

卍ラインでレゲエミュージシャンとしても活躍中!

卍ラインのDJとして活躍中でもある窪塚さん。

筆者も「それまで俳優業をしてきたのに、いきなりどうしてミュージシャンを?」と思ったことがあります。

これには窪塚さん自身から以下のように話されていました。

9階から落ちた日以来「すべて前向きに捉えている」

とくに1upして、生き残って。9階から落ちた話ですけれども。それ以降は、本当に起こること全部が自分の行いで起こっていることだし。

そしてすべては、よくなるために起こっているんだと思うんですよ。

この世界に起こることは、自分だったり、自分の魂が成長するためのできごとだと思うのです。

病気になっちゃったとか、事故に遭ったとか、タンスの角に小指をぶつけたとか、いろいろありますけれども。

そういうことはすべて自分の成長のために起こってるというふうに思えば、

なんでも前向きなエネルギーにして生きていくことができるんじゃないかなと、今メッセージが来ました。上から。

自分の経験を歌に載せて発信する、一種の責任感みたいなものを感じたのでしょうか?

少なくとも卍ラインを始めたキッカケは”挑戦してみたい”から来ているとも思われます。

事故当時の歌を歌った曲もあるくらいですし、相当事故が活動に深く影響を与えている部分があるのでしょうね。

しかしこの卍ライン、「今回で卍ラインからアルバムを出すのは最後」らしく、卍ラインとしての活動はこれで終了になるとのこと。

ファンからは悲鳴が上がりそうですが、窪塚さん曰く名義を変更する予定があって、音楽活動をやめる訳ではない様です。

とくに今年からは私事なんですけれども、芸能活動を個人事務所で始めたり、このアルバムを出したり。それから、

今までは「卍LINE」という名前でアルバムを出していたんですけれど、それは今回で最後になります。

もちろん、音楽活動をやめるとか、そういうものではないです。

名前を変えようかなと思っているんです。「とうとうハマチがカンパチになるよ」みたいな感じで。

11年後にはブリになる予定がありますので、もうワンチャン(ワンチャンス)、変わるのが来るとは思いますが。今年はそういう節目の年です。

Appleさんとの出会いもそうですが、なにか大きなステージ、次のステージに向かっていくところなので、非常にやる気がみなぎってまして。

冒頭で「スティーブン・セガールです」とか言ってましたけどね。ジムにも行きだしたりしています。

もう1回、描き直すというか。もう1回、未来を自分の中で再構築して、そこに歩き出しているタイミングなので、とてもみなぎってます。非常に。

例え方が少々面白いのですが(笑)、何にせよ音楽活動はこれからも継続していくとのこと。

個人的にはメッセージ性が強い曲ばかりなので卍名義でアルバムを出し続けてほしいですが、聡明な窪塚さんのことなのできっとハッピーエンドをご用意していることでしょう。

これからもミュージシャンとしての窪塚さんの活躍に期待したいです!

“リーマンのカガミさん”
僕もこんなに格好良いこと言ってみたい…

まとめ

今回は窪塚洋介さんについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

過激な発言でよく世間には誤解されてしまいがちですが、実は家族思いで人情溢れる優しい方でしたね。

その中でも男気を感じたり、やはり窪塚洋介だなぁ(笑)と思う部分もあり、今回も書いていて楽しかったです。

今年の秋には16年ぶりのテレビドラマ出演番組の放送がされるようなので、興味があればチェックしてみるのもいいですね!

“まとめ王子”
それではまた次回の記事でお会いしましょう!