中島美嘉は子供ができない?子供はいらない?本当の離婚原因とは?




Pocket

少し前に中島美嘉さんの離婚が発表されましたね。。一部で噂されている本当の離婚原因の真相とはどういうものなのでしょうか?

そんな今回は本当の離婚原因や子供が出来ないと噂されている、中島美嘉さんをまとめてみました!

“リーマンのカガミさん”
それではどうぞご覧ください!

子供ができない?いらない?

中島美嘉さんはバレーボール選手の清水邦広さんと2018年まで夫婦生活を営んできました。

因みにお二人の間にお子さんは居ません。

一部で”中島美嘉さんが子供が出来ない体質なのではないか?”と噂されたこともありました。

実のところは、中島さんと清水さんは月に数回しか会えておらず、その理由としては仕事の拠点が違ったから、という事らしいです。

清水さんはバレーボール選手で活動拠点は主に大阪なのに対し、中島さんは東京で音楽活動をされていました。

二人の愛の巣としてあったマンションは大阪に借りていたようですが、単純に子育てに割く時間が二人とも作れなかったから…とする見方が強いと感じます。

また、一部では要らない発言をしたと噂されていますが、

中島さんが言っていた訳ではなく、一部の嫉妬深いアンチ層からあらぬデマを流されてしまったみたいです。。

現在は多種多様な働き方や生き方があるので、今の時代子供が居なかったとしても不思議ではありませんよね。

“OLのヒロコさん”
この時代に子供がいないだけであれこれ言われるのは時代錯誤だよね…

病気だから離婚?

こちらも一部で噂されていることです。中島さんは歌手活動をされていましたが、2010年10月に病気を理由に活動休止。

ご存知の方も多いと思いますが、この病気は両側耳管開放症(りょうそくじかんかいほうしょう)という病気で、

完治しないため、一生付き合っていかなければならない難病でした。この病気が原因で清水さんが嫌気をさし、離婚に至ったと見方もあるようです。

“リーマンのカガミさん”
しかし二人のなれそめを振り返ってみれば、この線は無いかなと思います。

この度、私事ではございますが、

3年前よりお付き合いをしてまいりましたプロバレーボール選手の清水邦広さんと、本日12月25日に入籍いたしましたことをご報告いたします。

清水さんとは知人を介して知り合いました。頼りがいのある優しい性格で、ずっと支えてきてくれました。

これからは妻として清水さんを支え、感謝の気持ちを忘れず、お互いを想い合う幸せな家庭を築いていきたいと思います。

今後も温かく見守っていただけると幸いです。

こちらは結婚当時の中島さんの結婚報告文なのですが、二人は2011年から付き合っていました。

付き合った当初、中島さんはすでに耳の不調で無期限の活動休止状態でした。

当然清水さんはこのことを知っていたはずで、その上で結婚に至ったのであれば、この噂はアンチが流したデマではないか?と感じてしまいます。

“OLのヒロコさん”
私もこの愛は本当だって信じてるよ!

不妊治療が原因で離婚?

こちらも離婚の原因の一つでは?と言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

当時お互いに仕事が多忙という事で、すれ違いは多少はあったのかもしれません。

しかし中島さんの過去のインタビューなどを調べてみても”不妊治療”を行っていたという事実はありませんでした。

中島美嘉さんに妊娠願望があったのか調べてみましたが、メディアに「子供が欲しい!」と語ったことはないようです。

もしかすると結婚当初から二人は大阪と東京の遠距離生活だったので、子供はまだいらないと思っていたのかもしれません。

一番有力だと思われる説でこれなのですから、これはゴシップ雑誌が推測で書いたものが事実のように扱われている気がします。

“OLのヒロコさん”
一部アンチやそういった話が好きな方々に今もなお引き継がれている話なので・・・

“リーマンのカガミさん”
あること無いこと書くのはゴシップ雑誌のやり口。情報に踊らされない様に自分で確かめる癖をつけるといいですね

収入格差が本当の離婚原因?

こちらもよく話題に上がる理由の一つですね。

中島さんと清水さんの収入の格差について記載されているのを見かけました。

中島美嘉さんは今でこそメディア露出が減っているものの、全盛期の年収は1~2億程と言われています。

現在は全盛期よりは年収は減っていると思いますが、それでもアルバムのリリースやライブ活動を行っているので年収5000万程は固いと予想できます。

一方、バレーボール選手は野球やサッカー選手に比べて収入格差が大きく、清水邦広さんの年収は多く見積もっても1000万程だとか。

結果から言えばこちらもあまり有力な離婚ゲインではない気がします。

何故なら二人のなれそめは、”清水さんのファンだった中島さんからアタックをした”事がきっかけで交際に発展したからです。

清水さん側で気にしていたのであれば話は別ですが、当時の二人は”病気を知ったうえで結婚”に踏み切ったわけですから

収入に格差があったにせよ、当時の二人はそういった次元での交際はしていなかったはず。

とすれば、こちらも離婚の直接的原因になるとは中々思えないところが正直なところです。

“OLのヒロコさん”
そもそも収入気にしてたら清水さんと結婚しないでしょ(笑)

離婚理由は「遠距離生活」

二人から離婚声明があったとき、実際に記載されていたのが以下の画像の文章です。

双方で話し合いをした結果、離婚に至った原因は

”東京と大阪でそれぞれが過ごしてきた時間が多く、夫婦としてまとまった時間が作れなかったのが原因”

と実際に記載されていますね。

清水さんはパナソニック・パンサーズに所属する男子プロバレーボール選手で、大学時代に全日本代表選手に選ばれています。

パナソニック・パンサーズが本拠地を置く都道府県は大阪。一方の中島さんは歌手活動を再開したのち選んだ本拠地は東京。

中島さんは月に何回も清水さんが居る大阪に足を運びましたが、多くても月に3~4回ほどだったといいます。

2016年の中島さんのインタビューでは”未だに家族としての実感が湧かない”とも話されています。

結婚した2年後の2016年11月に受けたインタビューでも、中島は「まだ夫婦という感覚にすらなれていない」と明かしていた。

また関係性についても、「会えない分、会うと嬉しいし、夫婦というよりはまだ恋人同士みたいな感覚ですね」と述べている。

スポーツ選手である清水さんを献身的にサポートしようと頑張ってきましたが、最後まで同居できなかったのが離婚原因…という事でしょうか。

とはいえ、二人の声明文を見ても円満離婚という感じがしますので、現在二人の関係は夫婦ではなくなったものの、

この先もずっとお二人が特別な存在であり続けるのは間違いないようですね。

“OLのヒロコさん”
別れても特別な存在って美しいよね…

中島美嘉さん、清水邦広さんの馴れ初めは?

さて、ここでもう一度中島さんと清水さんの馴れ初めを振り返ってみましょう。

元々はフジテレビの関係者に紹介され、初めてお会いしたときから”この人と結婚するかもしれない”と感じていたそうなんです!

当時の中島さんはテレビでは見ない日がない程の売れっ子でした。

そんな中島さんは清水さんを見た瞬間に「顔から何から何まで私の好みだ!」と思ったそうです(笑)

所が中島さんは殆ど自分からアプローチしたことがなかったのでどうしていいかわからず。。

自分からアプローチしたことがそれまで一度もなかったので、どうしたらいいかわからなくて。

勇気をふりしぼってアプローチしたはいいけど、あまりにもストレートすぎて、向こうはわけわかんなくなっちゃって(苦笑)

という様な状態から徐々に距離を縮めていったとのことです。

因みにすでに中島美嘉と言えば大スターだったのですが、当時の清水さんは知らなかったみたいです(笑)

当時の状況を中島さんは、、、

――旦那さんからしたら、いきなり中島美嘉という大スターに告白されてるわけですからね。

私のことを知らなかったんです。

「雪の華」という歌や中島美嘉というアーティストが存在することは知ってはいたんですが、目の前のこの子が中島美嘉とは思わなかったみたいで。

後から聞いたら「誰かお偉いさんの娘さんかな」って思われてたらしくて(笑)。 

――中島さんからしたら、知らない方が良かった?どっちでもよかったですね。それぐらいドストレートだったんです。 

と語られています。構成のきっかけはもともと中島さんの猛アプローチから始まったみたいですね!

“OLのヒロコさん”
今日登場頻度多い?(笑)でもこの当時すっごいキュンキュンしちゃった♡

もともと清水邦広のファンだった

意外ですが、中島さんは元々清水さんのファンの一人だったようです。

猛烈なファンだったかどうかは不明ですが、元々バレーボールが好きで良く試合を見に行っていた中島さん。

そんな彼女がテレビ局の関係者を通じて初めて清水さんとお会いした貴重なシーンがあります。

あのクールビューティーな中島さんが何とも可愛らしくなっていますね(笑)

二枚目からはどこかしら本気の気持ちが伝わってきますし、この時には既に結婚するかも…と予感すらしていたそうです!

そして二人はこれをきっかけに交際をスタートし、2014年には交際期間3年を経てゴールインというのは記憶に新しいところですね。

“リーマンのカガミさん”
純愛の末のゴールインだったという事ですね!

中島美嘉プロフィール

ここでは中島美嘉さんのプロフィールを振り返ってみましょう!

名前:中島美嘉(なかしま・みか)
出身地:鹿児島県日置市

生年月日:1983年2月19日
身長:160cm
血液型:A型

最終学歴:鹿児島市立天保山中学校
活動期間:2001年-

元々は歌手になる予定はなく、モデルになりたいと考えていたそうです。

高校卒業後は進学せず、福岡県で今でいうルームシェアをしながらモデルのアルバイトをして生計を立てていました。

因みに当時モデルとして活躍されていたころの写真がこちら。

今とは雰囲気が違いますが、それでも美人であることには変わりありません(笑)

世の中の多くの女性から共感されており、その生き方や人生哲学などは独特でありながら勇気をもらえるものばかり。

エッセイなども何冊か出されている様なので、気になる方はチェックしてみては如何でしょうか?

“リーマンのカガミさん”
僕もエッセイは何冊か持ってますよ、おすすめです!

歌手・女優としての経歴

元々歌手志望ではなかった中島さんですが、あることをきっかけに歌手デビューすることになります。

福岡でモデルとして活動していた中島美嘉は、知り合いに頼まれて、デモテープ用に歌を録音。

このデモテープがレコード会社の人の耳に留まったことから、上京しました。

すると、ボーカルオーディションにエントリーすることに。歌手活動にも興味はあったものの、何のオーディションかよく理解しておらず、

一緒に受けていた人に内容を尋ねたという逸話もあるほどで、「まさか!っていう感じ」だったとか。

しかし儚さと透明感、個性的な雰囲気と、伸びのある声を評価され、見事合格しました。

このオーディション、じつは、ドラマ「傷だらけのラブソング」の主人公を選ぶためのものでした。中島美嘉は、あれよあれよと言う間に、

選考が進んでいったと当時を振り返っています。

そして、勝ち取ったオーディションで女優デビューと歌手デビューを同時に果たすことになりました。

ドラマ「傷だらけのラブソング」の主題歌となったSTARSは大ヒットとなり、また演技も併せて”中島美嘉”という名が大きく知れ渡ることになります。

その後の活躍はご存知の通りで、現在でも歌手は勿論、女優としても高く評価を受けており、第一線で活躍されています。

“OLのヒロコさん”
私も当時はぴちぴちの女の子だったから当然CD買ったよ!凄くいい曲だった~

まとめ

今回は中島美嘉さんのについてまとめてみましたが、如何でしたか?

清水さんとの離婚後、カラオケで絶叫している姿をスクープされてしまったりなど、離婚後はあまりいいイメージを持たれてこなかった彼女。

しかし実際は円満離婚でお互いの将来について深く話し合い、その上で選んだ選択ですので第三者が口を挟むのはナンセンスですね。

難病を抱えながらも歌手として第一線で活躍する彼女から勇気をもらった方も多いはず。。

そんな中島美嘉さんの今後の活躍に期待がかかりますね!

“リーマンのカガミさん”
それではまた次回の記事でお会いしましょう!