津川雅彦が死去。死因は?入院先の病院や葬儀は?高橋克典さんがコメント。




Pocket

名俳優の津川雅彦さんが死去されたと報道はありました。とても残念なニュースでした。今日は津川雅彦さんについて調べていこうと思います。

“リーマンのカガミさん”
昭和の名優が亡くなりとても残念です。

津川雅彦の死去はいつ?

俳優だけではなく映画監督もしていた、津川雅彦さんが2018年8月4日に死去していたそうです。各メディアが一斉に追悼報道をしています。

俳優の津川雅彦(本名加藤雅彦)さんが4日、亡くなっていたことが7日、分かった。78歳だった。

今年4月27日、妻の朝丘雪路さん(享年82)が亡くなり、5月20日に会見し「彼女を残すよりはいい結果になった」と悼んだのが、最後の公の場となった。 

 愛妻を追うように、津川さんが逝った。津川さんは芸能一家に生まれ、子役として数本の映画に出演した後、1956年の映画「狂った果実」に出演し本格デビュー。

一躍、日活のスターとなった。

“OLのヒロコさん”
78歳はまだまだ若いのに残念。

津川雅彦の娘の今は?結婚してるの?娘の誘拐事件の犯人と真相に迫る!

2018.08.09

死去した原因は?

津川雅彦さんが亡くなった原因は「心不全」となります。

世間的には名の知れた病名ですし、やはり患いやすいのはお年寄りというイメージがあります。それでは「心不全」とはどういった状態なのでしょうか!?

“リーマンのカガミさん”
鼻にチューブをしながら記者会見をしていたのが印象的でしたね。

心不全とは?

心臓に何らかの異常があって、ポンプ機能が低下して全身へ血液を十分に送り出せなくなった状態を言うそうです。

「心不全」とはあくまで病名では無く、その「状態を言う」そうです。ポンプ機能が低下させている、元の原因となる「病気がある」ということですね。

心臓のポンプとしての働きが低下して、全身の臓器に必要な血液量を送ることができなくなった状態をいいます。 心不全は一つの疾患ではありません。

心臓のさまざまな疾患(虚血性心疾患、心筋症、弁膜症など)が最終的に至る症候群を意味します。心臓のポンプ機能が低下すると、心臓だけでなく全身にいろいろな症状が現れます。

“OLのヒロコさん”
今回の死因にも、もともとの原因があったのね。

何年前から病気を患っていたの?

津川雅彦さんは「心不全」以外に、「約5年ほど前からにアルツハイマー型認知症」を患っていました。

朝丘雪路さんを亡くした後は肺炎で入院するなどして、鼻から酸素チューブを通して会見に臨んでいます。その時から体調は普通ではなかったと考えられますね。

個人的には、朝丘雪路さんを亡くされた精神的なダメージもあったのかもしれないと思います。それも死去した要因に一つに影響しているのかもしれませんね。

“リーマンのカガミさん”
アルツハイマーが今回の原因につながっている。。

今回の死去に関するネット上の声は?

ちょうどドラマで最終回と重なり、運命的だったとの声がありました。

やはり惜しむ声が多く聞かれますね

とても残念との声が多数あります。

これは津川雅彦さんがテレビ・映画で残した功績が大きいからではないのしょうか。それにしても、好きな俳優さんが亡くなるのはとても残念ですね。今後その方の演技を見る事は一切できないですから。

入院先の病院は?

津川雅彦さんが入院されていた病院について調べましたが、まだ公表されていませんでした。今現在のお住まいは東京都内だと思います。

それを考慮すればきっと、自宅から近い病院だったのではないかと思います 。心臓専門医師が常駐して、大きな病院ですぐに治療を受けれる病院へ入院していたと想像します。

ちなみに都内だと、日本大学病院、東京慈恵会医科大学附属病院、東京大学医学部附属病院などの病院が有名のようです。

こちからまた新しい情報が入りしだい追記したいと思います。

“OLのヒロコさん”
こちらの詳しい情報は不明ね。

葬儀は?

さぞ盛大に執り行われると思いましたが、葬儀に関しては近親者だけで済ませたそうです。

最後を見送りたいと思うファンの方は数多くいらっしゃると思いますが、今の所、一般参列者の方が参加できる「葬儀」は行わない予定だということです。

こちらも変更がありましたら、追記させていただきます。ここまでは亡くなった原因などをみてきましたが、ここからはプロフィールや出演作品などをチェックしていきましょう。

“OLのヒロコさん”
ファンの方も参列を希望しているでしょうね。

高橋克典さんがブログでコメント

ドラマ「サラリーマン金太郎」で共演した俳優の高橋克典さんが自身のブログで、津川雅彦さんの死去についてコメントを更新されました。

 「芝居は芝居なんだよ、本当じゃないんだ」「せりふはどんなことをしてもそのせりふを言えるようになるまで入れなきゃダメだ」「俳優は芝居バカじゃダメだ。現実を知らないと。文化に尊敬を持たないと」

 人柄は「とても人間的で、チャーミングな方でした」。何ごとにも全力投球で、制作発表や小さな記事でも、新聞や、週刊誌などに載ったときにはその切り抜きを1年間分送るなど、後輩や周りの縁のる人々に配慮を欠かさなかった。 共演者、そして子供の誕生日にまで毎年プレゼントを送っていたという。

 また、さまざまなジャンルの有識者を講師に招き、勉強会を開くなど、俳優の域にとどまらない勉強家だった。「毎回誘ってくださって、何十枚にもわたるリポートをご自身でまとめて、興味深い内容の毎回送り続けてくださいました」と情熱の人だった。

 最後に「後に残された僕らは、本当に頑張らなくてはなりません。津川さん、見守っていてください」と誓った。

俳優としてはもちろん、1人の男として尊敬していたんですね。津川雅彦さんが亡くなり、自分達がその代わりをしていかなければならないと語っています。

“リーマンのカガミさん”
見習うべき人だったんですね。

津川雅彦プロフィール

きってのおしどり夫婦と言われたていた奥様の朝丘雪路さんは、2018年の4月27日にお亡くなりになっており、その寂しさから後を追うようになくなったと言われています。

芸名:津川 雅彦
生年月日:1940/01/02

血液型:O
出身地:京都府
身長:171cm

デビュー年:1956
職種:タレント・俳優
趣味、特技:乗馬・茶道

兄が俳優の長門裕之さんで、父親、母親、親戚など芸能界一家に生まれました。津川雅彦さんは16歳の時に映画で本格的に俳優デビューされました。

妻であった朝丘雪路さんとは1973年にご結婚されました。仲の良い夫婦からおしどり夫婦と言われていました。2004年からは東京フィルムセンター映画、俳優監督専門学校の名誉学校長を務めました。

“OLのヒロコさん”
お兄さんは俳優の長門裕之さんね!

デビュー作品は?

デビュー作は1956年の「狂った果実」という映画でした。

「ドロドロした恋愛ドラマ」のあらすじになっているようですね。

夏の逗子海岸で、大学生と高校生の兄弟二人が、ヨットやボートで遊んでいる。兄の夏久は、太陽族と呼ばれ、享楽的で不良っぽい。反して弟の春次は、かたくて純真なタイプで、女性にもうぶである。

あるとき、二人は恵梨という美女と海で知り合う。春次は彼女に惹かれ、真剣な思いで次第につきあうようになる。ところが別の日に横浜のクラブで恵梨を見かけた兄の夏久は、彼女に夫がいたことを知る。

春次との浮気を正当化する恵梨だが、夏久は弟に言わない代わりに自分と浮気するように迫り、強引に抱きしめ関係を持ってしまう。

この作品で津川雅彦さんの名前が知れ渡りました!!

“リーマンのカガミさん”
さすがに若い頃もイケメンですね。

これまでのテレビ出演作は?

写真は最近の直近の出演作品「隠密秘帖」になります。

2011年 「隠密秘帖」(NHK)、「隠密八百八町」(NHK)、「バーテンダー」(ANB) 
2010年 「最後の約束」(CX)、「Wの悲劇」(TBS) 
2009年 「メイちゃんの執事」(CX) 
2007年 「華麗なる一族」(TBS) 
2006年 「奇跡の動物園」シリーズ(CX) 
2004年 「離婚弁護士」(CX) 
2003年 「エ・アロール」(TBS) 
2002年 「サラリーマン金太郎3」(TBS) 
2001年 「白い影」(TBS) 
2000年 大河ドラマ「葵・徳川三代」(NHK)

本当にたくさんの作品に出演されていらっしゃいました。続いては映画作品を見ていきましょう。

“リーマンのカガミさん”
サラリーマン金太郎3などみんなが知る作品にも出演していたんだね。

映画出演は?

「交渉人THE・MOVIE」にした津川雅彦さんですね。

2011年 「あしたのジョー」曽利文彦監督(東宝) 
2010年
「交渉人 THE MOVIE」松田秀知監督(東映)
「脇役物語」緒方篤監督(テアトル) 
2008年 
「相棒-劇場版-絶体絶命42.195km 東京ビックシティマラソン」和泉聖治監督(東映)
「落語娘」中原俊監督(日活) 
2007年 「愛の流刑地」鶴橋康夫監督(東宝) 
2006年 「THE有頂天ホテル」三谷幸喜監督(東宝) 
2005年 「欲望」篠原哲雄監督(メディア・スーツ) 
2004年 「ミラーを拭く男」梶田征則監督(パル企画) 
2003年 「いつかA列車に乗って」荒木とよひさ監督(シネマ・クロッキオ) 
1999年 「おもちゃ」深作欣二監督(東映) 
1998年 「プライド・運命の瞬間」伊藤俊也監督(東映) 
1997年 「マルタイの女」伊丹十三監督(東宝) 
1996年 「スーパーの女」伊丹十三監督(東宝) 
1993年
「大病人」伊丹十三監督(東宝)
「忠臣蔵外伝 四谷怪談」深作欣二監督(松竹)
「集団左遷」梶間俊一監督(東映) 
1990年
「天と地と」角川春樹監督(角川映画)
「あげまん」伊丹十三監督(東宝)
「墨東綺譚」新藤兼人監督(東宝)

映画への出演も多数。出演だけではなく自ら監督をした作品もあります。

2009年の「旭山動物園物語~ペンギンが空をとぶ~」、2008年の「次郎長三国志」 、2006年の「寝ずの番」などの作品が監督作品でした。

“OLのヒロコさん”
伊丹十三監督の作品には頻繁に出演していたわね!

まとめ

残念ながら、昭和・平成の名優である津川雅彦さんがお亡くなりになりました。先に旅立たれた奥様である朝丘雪路さんとは、きっと天国で一緒に出会っていると思います。

数々の作品はずっと私たちの記憶の中に残るでしょう。津川雅彦さんご冥福をお祈りしたいと思います。

津川雅彦の娘の今は?結婚してるの?娘の誘拐事件の犯人と真相に迫る!

2018.08.09