石丸幹二に似てる俳優とは?劇団四季のキャッツ役?退団した理由とは?




Pocket

今日はチューリッヒのCMでもおなじみの石丸幹二をピックアップして行こうと思います!!

石丸幹二プロフィール

石丸 幹二 (いしまる かんじ)  

職業:俳優、歌手

生年月日 :1965年8月15日 

出身地:愛媛県

身長:174cm

出身校:東京芸術大学卒業

記憶に新しいのは「半沢直樹」(TBS系)に出演。浅野 匡(あさの・ただす)という銀行の支店長の役でした。

「倍返しだ」2013年の流行語大賞にも選ばれました!!流行りましたもんね。みなさんご存じですよね(゚∀゚)

伝説のTBSドラマ「半沢直樹」。

関西圏では歴代最高の水戸黄門を抜いて過去最高の瞬間最大視聴率45.5%を記録し堂々の第1位に輝いた、記憶に新しいドラマです。

年齢は52才50代だとは思えない爽やかさです!インスタグラムでは前髪を下ろした髪型を披露。爽やか過ぎますね!

幼い頃からピアノ・チェロ、トロンボーン、スネアドラムなどの楽器を演奏。

高校は千葉県立幕張西高等学校(現・千葉県立幕張高等学校)の普通科で音楽コースはチェロを学んだそうです。卒業後は、東京音楽大学、サックス学科を専攻しました。

ですが、大学3年生の時にアメリカのクラシック歌手「ジェシー・ノーマン」歌声に衝撃を受け、なんとそこから東京藝術大学を受験、見事合格されました。

1990年には、劇団四季「オペラ座の怪人」のラウル役で舞台デビュー、ネスカフェ、オロナミンCなどのCMにも出演されました。

石丸幹二さんがはまったものとは?

音楽の才能が芽生えのは小学生。鼓笛隊で「スネアドラム」を任されたことをキッカケなり、楽器にのめり込んでいきます。小学生の時は「トロンボーン」を吹いていたそうです。

中学の時は「サックス」を担当していました。そのほか音楽室にある楽器が手当たりしだい何でも演奏したそうです。この頃から好奇心旺盛な少年だったんですね。

あとは東京藝術大学を受験するきっかけになったクラシック歌手「ジェシー・ノーマン」の歌声です。

NHKの番組に出演していた、アメリカのソプラノ歌手、ジェシー・ノーマンの歌うシューベルトの『魔王』に圧倒された石丸 幹二さん。

『魔王』は一人で3役を歌い分ける難しい曲。ジェシーは見事に歌い上げました。石丸さんは食事をしていたことも忘れ、彼女の歌に聴き入っていたそうです。

これをきっかけに「歌で人の心をわしづかみ」にしたい、そして「何かを伝えられたら」と考えるようになり、歌の道を選んだのでした。

注目1
石丸幹二に似てる俳優とは?
 
実際に写真でみてきましょう!

①片岡愛之助さん!?

検索すると、似てるの後に「愛之助」さんの名前が出てきます。

六代目 「片岡愛之助さん」の画像と比較してみましたがいかがでしょうか?確かに顔の雰囲気が似てますね!石丸さんの顔が歌舞伎役者さんに居そうな顔立ちな感じですね!

②飯田基佑さん!?

えっ。と思った方いらっしゃるんじゃないですか?ネットでは「飯田基佑と兄弟じゃないの??」と言われるぐらいです。

飯田基佑さんのほうが少し垂れ目で、髪型が一緒だと間違えそうな気がしますね。これは似てます!それにしてもどちらもイケメンです!!

劇団四季のキャッツ役?

石丸さんに見えるっちゃー見えますね。なかなか渋い感じです!!

劇団四季上演記録によれば スキンブルで出演された時期は1992年ころ大阪・難波にあったキャッツドームイン大阪スタジアム の公演中に何度かあったようです。

この時期の映像はなかなか出て無いように思いますし 、見た人も少ないのではないでしょうか。 次の東京・品川公演では外れています。キャッツに出演されていたとは。 たいへん貴重と思います。

緊急的にキャッツに出演したのでしょうか。詳細は不明ですが確かに出演していた時はあったようですよ。

石丸さん出演作品一覧は?

 
1990年に劇団四季に入団、その年に『オペラ座の怪人』ラウル・シャニュイ子爵に抜擢されています。代表作は、
 
 
★アスペクツ オブ ラブ(アレックス・ディリンガム)主役
★アンデルセン(ハンス・クリスチャン・アンデルセン)主役
オペラ座の怪人(ラウル・シャニュイ子爵、男性アンサンブル)
☆思い出を売る男(思い出を売る男)主役
☆オンディーヌ(ハンス)※主役オンディーヌの相手役
★キャッツ(スキンブルシャンクス)
☆この生命誰のもの?(早田健)主役
☆ハムレット(ハムレット)主役
美女と野獣(ビースト)主役
☆ブラックコメディ(ブリンズリー・ミラー)主役
★ミュージカル異国の丘(九重秀隆)主役
 
 
一発合格し、即座にTOPまで登りつめて、以後17年間「劇団四季」の第一線で活躍しています。ただ色々と苦悩があったようです。
 
注目2
劇団四季を退団した理由とは?
 
年間300回も行われる舞台に出演して、精神的、肉体的にかなりの疲労が蓄積されていたと思われます。
 
ある日、稽古中に怪我をしてしまい長期療養が原因で、そこから「全ての事に無気力」になり、自宅から出る事すらできなくなったのが原因と言われています(いわゆるうつ状態)
 

「若いつもりで過信していたが、肉体的に疲れがたまっていた。劇団にいて仲間に迷惑をかけるより、一人で考え直したかった。四季で学んだことが自分のベースになっている。そのことはこれからも見失いたくない」

 
 急に糸が切れたのでしょうか?これを機に劇団四季を退団することを決意したそうです。劇団四季との契約上1年間は舞台やテレビに出演することは許されないそうです。
 
リハビリを続けて、その後2009年ごろには、俳優として復帰しました。

結婚の噂?彼女は?

すでに50代の石丸幹二さん。年齢的に結婚していてもおかしくないですが、現在も独身です。イケメンで紳士的なのでモテることが間違いないと思いますが、浮いた話しがありません
 
石丸さんの「結婚観」とは。。
 

「僕らが20代のときって、同世代の歌手や俳優がどんどん結婚しました、この年になってくると、結婚という形をとらなくても人生が楽しいんです。

世の中的には無責任なのかもしれませんが、その無責任を貫く自由があってもいいかなと(笑い)。自分が楽しく、相手も楽しければいいのかなって、そんな考え方に変わってきましたね」

 
今は結婚に興味が無いようですね!!なるほど。。小さい頃から「独りが好き」だったようですね。恋愛、結婚にはタイミングとかもありますから。。

まとめ 

 
うつ病から復帰、大変な時期を乗り越えました。恋愛、結婚はまだまだ先のことかもしれませんのでイメケンなので今後を楽しみしましょう。これからも、ドラマ、舞台などでの活躍を期待したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA